新規と中古の違い

中古ドメインとはどういうものなのかは、先にお伝えしたとおりです。
ここでは新規ドメインとの違いをもう少し詳しくお伝えしようと思います。

SEOに関する違い

中古ドメインは新規ドメインと比べてSEOに強いとお伝えしました。
それは過去にドメインを使っていたときのバックリンクやページランク、使用年数、評価などの総合的な部分の判断が生きているからです。
実際に新規ドメインと同時に使用してみると、やはり早い段階で上位に表示される可能性が高いとされています。
では、SEOを考えた際に絶対に新規ドメインよりもいいのでしょうか?
短期間で考えた場合は間違いなく新規ドメインよりも効果を発揮しやすいと言えます。
しかし、長期間で考えた場合はそうとも限りません。
というのも新規ドメインと違い、過去の評価が悪い場合は時間が経ってもSEOが上がらなかったり、表示すらされない可能性もあります。
また、問題なく早い段階で上位に表示されたとしても、その後の評価次第で一気にSEOが下がる可能性も、通常のドメインと比べると高いと言えます。
やはり、正規の手段ではないと見られているためのリスクと言えるでしょう。

メリットとデメリットの違い

次は各ドメインのメリット、デメリットを確認していきましょう。
まず、新規ドメインのメリットですが何よりもリスクがほとんどないことでしょう。
加えて年間のドメイン料金が100円〜1000円以内で済むこともメリットと言えます。
デメリットとしては安全で価格も安い分、早い段階でのSEOの上位表示は難しい部分でしょう。
そのため、これから長期に渡ってしっかりと自分のコンテンツとして作り上げていくのであれば新規ドメインの方が向いているとも言えます。
中古ドメインのメリットとデメリットは新規ドメインの逆と言えます。
メリットが新規ドメインではデメリットだったSEOの上位表示スピード、逆にデメリットは安全が保証されないドメインでリスクも高く、料金も新規ドメインに比べるとかなり高くなります。
そのため、トレンドアフィリエイトなど短期間での使用目的であれば、こちらの方が向いていると言えます。

自分の使用目的に合わせて選ぶ

ドメインの種類によっての違いをお伝えできましたでしょうか?
それぞれのメリット、デメリットを理解し、使用目的に合わせて選んでください。

更新情報